呼び出しチャイムの導入で変わるものとは?設置メリットを紹介

サイトマップ

呼び出しチャイムの導入で変わるものとは?設置メリットを紹介

業務用の呼び出しチャイムはチャンネル数を要確認

店内や施設・企業・工場内のコールシステムに呼び出しチャイムを使うと、人の呼び出しがスムーズになり業務効率を向上させる一助となります。
しかしそのためにはどんな呼び出しチャイムでもいいというわけではありません。
必要になるチャンネル数をしっかり確認して、それと同じかそれ以上のチャンネルが有るチャイムを選ばないと、逆に混乱を招きます。

例えば呼び出しチャイムを活用するお店が特に多い飲食店ですが、席が10席あるのに6チャンネルしかないチャイムを導入したら、チャイムに気を取られてチャイムのない残り4席の注文に気付きにくくなってしまうでしょう。
かと言って同じチャイムを2つ用意してカバーすると、どっちの何番がどの席なのかが瞬時に判別しにくくなります。
こうなっては、呼び出しチャイムを導入するメリットが薄れます。

なので呼び出しチャイムを導入するなら、必ずそこから呼び出しをしたい場所をリストアップして数を確認し、それ以上のチャンネル数があるチャイムを導入し、何番はどこからの呼び出しとしっかり関連付けておきましょう。
そうすることで初めて、呼び出しチャイムがコールシステムとして万全に機能するようになり、効率化の役に立ち始めるはずです。

NEW POSTS

NOTICE